いわし水煮缶、さば水煮缶、さんま水煮缶、さけ水煮缶。いちばんカロリーが高いのは?~ダイエットに役立つ栄養クイズ~

最新ダイエット情報
問題 次の缶詰めのうち、いちばんカロリーが高いものはどれ?(100g中)
□いわし水煮缶
□さば水煮缶
□さんま水煮缶
□さけ水煮缶
「さんま水煮缶」です
上記食材100g当たりのカロリーは、「いわし水煮缶」168kcal(生156 kcal)、「さば水煮缶」174kcal(生211 kcal)、「さんま水煮缶」223kcal(生287 kcal)、「さけ水煮缶」156kcal(生124 kcal)。缶詰めは、とても優秀食材のひとつです。上記の缶詰は、すべて魚の加工品ですので、魚そのものの栄養をしっかりと含んでいます。さらに熱処理をしているので、そのまま食べることもできますし、缶詰の汁分には、魚のうま味もつまっていますので、缶汁も利用したいです。カロリー比較の場合は、生の魚でもサンマがいちばん高いので、缶詰めになっても、そのままの数値が反映されます。
問題2 次の缶詰めのうち、いちばんカルシウムが高いものはどれ?(100g中)
□いわし水煮缶
□さば水煮缶
□さんま水煮缶
□さけ水煮缶
「いわし水煮缶」です
上記食材100g当たりのカルシウム量は、「いわし水煮缶」320mg、「さば水煮缶」260mg、「さんま水煮缶」280mg、「さけ水煮缶」190mg。魚の缶詰めは生の魚を食べるより、ミネラル分、特にカルシウムなどは、とても多く含まれており骨の強化には、おすすめです。自分で調理をして骨までやわらかく煮るのは手間がかかり、なかなか難しいですが、水煮の缶詰めならば手軽に骨まで食べられます。特にいわしの水煮缶にはカルシウムがとても豊富に含まれています。
問題3 ツナ缶には、「ライト」「ホワイト」というタイプがあります。これは、何の違いだと思う?
□重量の違い
□魚の種類の違い
□水煮か油漬けの違い
□製法の違い
「魚の種類の違い」です
ツナの缶詰めには、一般的に「びんながまぐろ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました