肌も髪もツヤツヤに! 全身保湿に使える肌なじみがいいオイルはどれ?

最新ダイエット情報
乾燥が気になる肌は、オイルで保湿レベルを調整しよう
これから気温が上がり、屋外は汗や皮脂などのべたつきが気になる季節ですが、室内はエアコンなどで肌が乾燥しやすくなります。また、紫外線のダメージで、髪がパサつきやすいと感じることも多いでしょう。そんなときに、普段のスキンケアやボディケア、ヘアケアにプラスしたいアイテムがオイルです。
オイルには水分が外部に蒸発するのを防ぎ、うるおいを保つ効果があります。ごく少量を肌や髪になじませるだけでうるおいをしっかりと守り、いきいきとしたツヤを与えてくれますよ。
今回は、私が普段から使っている、全身に使いやすいオイルをご紹介します。肌の状態や、ケアしたい部位に合わせてお好みのものを試してみてくださいね!
肌のうるおいケアに使うなら“スクワランオイル”
日中にエアコンのきいた室内で過ごす時間が長く、肌の乾燥が気になるときに、私がベースメイクの前によく使うのが、スクワランオイルです。
スクワランオイルは無色無臭で、さらさらとした感触が特徴です。オイルの中でも抜群に肌なじみがいいので、重たい感触のオイルが苦手な人にも使いやすいオイルです。
スクワランは、人の皮脂の成分にも含まれるスクワレンを酸化しにくく安定化させた成分のことです。スクワランの原料には、主にサメ由来の動物性のものと、オリーブオイルなどの植物性のものがあります。
皮脂は人の肌に欠かせない成分です。汗と混じって皮脂膜となり、肌表面を覆ってうるおいを守るだけでなく、紫外線のダメージなどの外部刺激からも肌を守ってくれています。年齢とともに皮脂の分泌量は低下してしまうので、皮脂の成分に近いスクワランなどで適度な油分を補うことは、肌のうるおいバランスを整えるために大切です。
顔全体の乾燥が気になるなら、スキンケアのお手入れの最後に、1~2滴のスクワランオイルを手のひらに広げ、やさしくハンド

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました