足をいたわる気持ちで足刺激をしたら、ゴツゴツの足がふっくらやさしい印象に! 頭痛や肩こりも減少した3週間をレポ

最新ダイエット情報

 
足刺激は1日3回くらい。気になる体調のゾーンをしっかり刺激
前回の足相診断では、自分で自覚していないストレスの存在が明らかになりました。ご自身ではどのように思われましたか?
MKさん:「コロナ禍で思うように外出ができなかったり、人とのコミュニケーションが少なくなったりしたことなども、実は内面的なストレスになっていたのかもしれないと感じました。無自覚だったストレスを見つめ直し『足を労わる・足を喜ばせる』ということを意識しながら、足刺激をしました。今まで、心と体のバランスを考えることなく生きてきたことを反省して、これからは心と体の両方のケアをしていきたいと思っています」
自分を客観的に観察してみることも、不調の原因に気づくきっかけとなりますね! 毎日の生活の中では、どのように足刺激にとり組みましたか?
MKさん:「パソコン作業の合間や、お風呂上がりのリラックスタイム、就寝前の布団の上で行いました。『1日に何回行う』などのルールは決めずに、パソコン作業の合間などにはデスクの上に指圧棒を常備しておき、肩こりや足指の角質のかたさなどが気になったときに刺激をしていました。平均して1日3回くらいは行ったと思います。ほかにも、手にネイルオイルをぬるときやネイルをぬり替えるときにも指圧棒で刺激を行いました。
足の角質のかたさやむくみが気になったときや、疲れていて寝つきが悪そうだなと思った日の夜などには、デトックスを促す腎臓・輸尿管・膀胱のゾーンを特にしっかり刺激するようにしました」
毎日の体調変化や、疲れ具合などを見極めながら、すき間の時間をうまく利用してこまめに足刺激を行っていたようですね。
MKさん:「足のゾーンマップを参考にして、自分がそのとき気になっているゾーンを刺激してみました。ゴリゴリしていた部分は、ゾーンに沿って指圧棒で流しながらほぐしました。腎臓・輸尿管・膀

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました