色味や使い方で変わる印象。美容部員になって知ったピンクの「奥深さ」

私はピンクが苦手だった。可愛いというイメージがあるピンクを身につけることが、自分にとって違和感に感じていた。持っている服もパンツばかりで、スカートを履くことはほとんどなかった。
そんな私も専門学校を卒業し、就職した先は、百貨店の美容部員だった。美容部員として仕事を始めたころ、私は化粧に何も詳しくなかった。ではなぜ受けたのかというと、当時付き合っていた彼に「綺麗な店頭で販売の仕事どう?化粧品とか。向
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

タイトルとURLをコピーしました