夏までにやせたい人は必見。肝臓のゾーンを3週間刺激したら、ダイエット向きの体に変化!

最新ダイエット情報

 
2日後に水分が抜けたような実感! 脚のむくみは忘れるほどに
Hさんに、3週間続けた足刺激の様子や、その間の体調変化をお聞きしました。
Hさん:「足刺激は、入浴後のタイミングで、1週間のうち4~5回くらい実施しました。刺激をしたときの感触は、肝臓のゾーンに硬さを感じたので、よくほぐすようにしました。続けていくうちに、腎臓・輸尿管・膀胱のゾーンがやわらかくほぐれていくのを感じました」
【指圧棒の先で肝臓のゾーンをプッシュ】
Hさんは、不調の原因である肝臓のゾーンや足刺激の基本部位をしっかりと刺激したのですね。足裏全体を刺激しなくても、まずは不調を感じるゾーンだけでも刺激を続けると、体調が少しずつ上向きになっていきますよ!
晩酌が欠かせないというHさんに、きよみ先生からは、お酒を飲むときのアドバイスがありましたが、それもしっかりと実践したそうです。
Hさん:「晩酌をする際は、体を温める紅茶や常温の水も合間に飲むようにしました。アドバイスをいただいた通り、夜に消化に負担をかける小麦粉の食品を食べることをやめて、おつまみはナッツとドライフルーツに変えました。以前よりは少しお腹の張りや膨満感が減少したような気がします」
足刺激を始めて、最初に効果を感じたのはどんなことでしたか?
Hさん:「始めてから2日後に、足の水分が抜けていくのが感じられました。足先の冷えも少し緩和されたと思います。それと、脚のむくみは、悩みをすっかり忘れてしまうほどなくなりました!」
Hさんは、よぶんな水分を代謝させられるようになったことが、足刺激の効果としてわかりやすかったようですね!
まだらから均一になった足色は代謝アップのサイン!
Hさんの足相は3週間で何か変化が起こっているのでしょうか? こちらが足刺激前と3週間後の足の甲です。
きよみ先生:「Hさんは、前回は肝機能が弱っていたので足の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました