生理痛の緩和におすすめのポーズ4選[週替わりヨガ・生理1週目]

最新ダイエット情報
ヨガで血流をよくして生理痛を緩和
生理中の血液の滞りや冷えは、生理痛の一因になります。
骨盤まわりや下半身の血液のめぐりを促すことで、生理痛を緩和したり、生理中の下半身の重だるさをやわらげてくれます。
無理のない範囲で生理中にも筋肉を使っておくと、生理後にも体を動かしやすくなります。
お風呂上がりや温かい部屋で、自分の体調に合わせて行ってみましょう。
ヨガのポーズを動画でチェック!
開脚のポーズ
脚を大きく開き、血液の流れを促すイメージで気持ちよく行いましょう。
(1)
床に座り、両脚を広げます。骨盤を立てた状態で、開けるところまで大きく脚を開きます。
(2)
胸を正面に向けたまま、上体を右に倒し、右手の人さし指と中指を右足の親指に引っ掛けてつかみます。鼻から息を吸い、左腕も右に倒し、左わきをのぞくように視線を上げます。息を吐きながら、体の左わきをしっかり伸ばしまし、ここで3呼吸。1に戻り、反対側も同様に行います。
<つらい人はこれでもOK!>
このとき、骨盤が倒れてしまったり、両脚を開いているのがつらい人は、倒す側の脚だけを伸ばし、反対側のひざは曲げて行ってみましょう。
(3)
再び1に戻り、今度は上体を前に倒します。両腕はバンザイするように頭の方向に伸ばし、手のひらを床につけます。胸を床に近づけて、ここで3呼吸。1に戻り、1〜3を計2セット行います。
<つらい人はこれでもOK!>
両脚を開いて前屈するのがつらい人は、両ひざを曲げ、足裏どうしを合わせた「合せき」のポーズで行ってみましょう。
ソファのポーズ
正座をくずした状態で座り、あお向けになるポーズです。腰やそけい部が伸びるので、生理中の下半身の重だるさをやわらげてくれます。
(1)
正座の姿勢になります。両脚を外側にくずし、お尻を床につけます。両手を体の後ろで床につき、少しずつ上体を後ろに倒します。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました