[じゃがいもの種類]料理に合った品種を選べばおいしさが変わる

最新ダイエット情報
料理に合わせて使い分ける
揚げ物や煮物など、料理に合った品種を使うと、おいしくなるだけでなく、調理しやすくなります。
コロッケにむく品種は?
ほくほくとした食感の粉質系のものが向いています。
●男爵/
形が丸く、深いくぼみがある。でんぷん質が多く、果肉が白いのが特徴。日本中で広く栽培されており、サラダやマッシュポテト、蒸し料理にも合う。
●ベニアカリ/
べに色の表皮で、果肉は白い。でんぷんが多く粉っぽい。すりおろしてお好み焼きにすることもできる。
カレーにむく品種は?
煮くずれしにくい粘質系のものが合います。
●メークイン/
長い卵形でくぼみが浅く、皮をむきやすい。淡い黄色の果肉はきめが細く、粘質系の代表品種。シチューや肉じゃが、煮ものにも向いている。
●とうや/
大つぶの丸形で表面のくぼみが少ない。果肉は黄色で、なめらかな食感が魅力。シチューや煮もの、サラダにも合う。
おでんにむく品種は?
煮くずれしにくく、大つぶのものが最適です。
●ホッカイコガネ/
長い楕円形で表面のくぼみが少なく、皮をむきやすい。どちらかというとねっとり系で、皮むき後や加熱後の変色が少ない。大つぶのため、フライドポテトにも使いやすい。
最後に
じゃがいもは品種によって、食感や形、大きさが異なります。品種ごとの特徴を覚えて、じゃがいも料理をさらにおいしく味わいましょう。

Source: FYTTE(フィッテ)

リンク元

タイトルとURLをコピーしました