筋トレと有酸素運動、行うとよく眠れるのはどっち? 海外研究でわかった睡眠効果とは

最新ダイエット情報
1年間の運動効果を比較
現代の忙しい生活では、十分に眠れていない人がほとんどかもしれません。でも、よく眠らないと体重が増えたり、糖尿病のリスクが上がったりするうえ、高血圧や動脈硬化など心臓と血管の病気になりやすくなることが、過去の研究でわかっています。そのため、米国心臓協会(AHA)は、よく眠るために有酸素運動を奨励しています。
ただ、筋トレなど、ほかのタイプの運動の効果についてはわかっていなかったため、今回、米国の研究グループは、有酸素運動と筋トレが睡眠に与える影響を比較してみました。対象としたのは、ふだんあまり体を動かしていない、太めで高血圧の傾向がある男女約400人。インストラクターの指導のもとで1年間、筋トレ、有酸素運動、両方の組み合わせ(いずれも60分を週3回)の3パターンのどれかを続けるグループと、運動しないグループの4グループに分け、研究開始前と1年後に睡眠の長さや寝つくまでの時間、起きる回数などについてのアンケートを行って結果を分析しました。
筋トレは12種類のマシーンですべての主要筋群を動かし、有酸素運動ではトレッドミル、エアロバイク、クロストレーナーなどを中〜高強度で使用。筋トレと有酸素運動を組み合わせたグループは両方を毎回30分ずつ行いました。
筋トレは睡眠効率アップに貢献
一連の研究で確認されたのが、運動をしなかったグループも含めてすべてのグループで全体的に睡眠の質が改善したことです。睡眠中に目覚める回数も減りましたが、研究開始前に睡眠時間が7時間より少なかった人(全体の42%)のなかで、筋トレのグループだけが平均睡眠時間を17分延ばしていました。筋トレのグループは、寝つくまでの時間も3分短くなりました。また、筋トレと有酸素運動を組み合わせたグループでは、横になっている時間のうち、眠っている時間の比率が高まっていました。
今回の結果から研究グルー

リンク元

タイトルとURLをコピーしました