ゴミをゼロに! SDGsに取り組むオシャレなショップがハワイ・オアフ島にオープン

ライフスタイル
オアフ島の街・カイルアは、ワイキキから車で30~40分くらいの場所にあり、カイルアビーチやラニカイビーチなど人気のビーチも点在しています。
カイルア周辺は、オアフ島の中でも特に環境問題への意識が高い人が多いと言われ、新しくゴミを出さないことをポリシーとしたショップ「Protea(プロテア)」が2020年6月にオープンしました。
オーナーを務めるのは、米・テキサス州生まれのロリさん。現在の“持続可能な開発目標(SDGs)のままではまだまだ足りず、環境破壊を引き起こしかねないことに危機感を覚えたことから開店に踏みきったそうです。
実際に、オアフのビーチに行くと、多くのプラスチック製のゴミが流れ着いているのをよく目にするというロリさん。
2018年に、先にオンラインショップを立ち上げ、プラスチックを無くすべく、オーガニックや自然由来の素材を使った商品を販売。そして、新型コロナウイルスによるロックダウン禍の2020年6月に、満を持してお店をオープンさせました。
「初めはホノルルに出店しようと考えていましたが、このカイルアでオープンさせたのは正解でした。ここ、カイルアの人たちは、みなさん環境問題への意識がとても高く、幸い、当店が洗剤やシャンプーなどの生活必需品を扱っていたので、コロナ禍もお店を維持することができました」(ロリさん)
店内には、「Zero Waste(ゼロ・ウェイスト/ゴミを無くすこと)」を意識したアイテムが多数並んでいます。例えば、ソープディッシュは牛乳パックを再利用したものや、フェイス用の何度も使えるオーガニックコットン、材料に竹を用いた歯ブラシやフォーク、ナイフ、コーヒーカップなど。オーガニックコットンは、2年程度使い続けることができるというから驚き!
カラフルな色のソープディッシュは牛乳の容器を材料にしている。
ほかにも、オーガニック系のヘアシャンプーやヘアコン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました