自分の顔を好きになれたのは、肌荒れで悩んだ思春期の私がいたから

私のメイクデビューは遅く、大学生のときだった。
高校は別にメイク禁止でもなんでもなかったけど、進学校だったからか、なぜか誰もメイクをしている人がいなかった。一人だけすると悪目立ちしてしまうのでできなかったのだ。それが本当に苦痛だった。高校生の頃、本当はずっとメイクをしたかった。
彼氏いない歴イコール年齢のわたしが、初めてキスマークをつけられて
高校時代、ひどい肌荒れに悩まされ「自分の顔」が嫌い
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました