卵巣がん検診で死亡リスクは減らない…? 海外研究の20年にわたる検証結果が示した結論は?

最新ダイエット情報
検診の効果を検証
卵巣がんは初期にはほとんど症状がないため、多くが進行した状態で発見されます。そのため、生存率が低く(今回の研究報告によると、ステージ3または4の5年生存率13〜27%)、婦人科のがんでは最も生存率が低いのですが、ステージ1で発見されれば90%以上の生存率が期待できます。早期発見には信頼できる定期的な検診が有効といわれますが、検診で検出された場合のがん治療によって、そのがんを原因とする死亡率が下がるというたしかな証拠が必要になります。症状のない一般人を対象に検診を行うには特に重要な点です。卵巣がんの検診の場合には死亡率を下げられるという根拠が示されていません。
今回、ロンドン大学が主導する英国と米国からの研究グループは、卵巣がんの検査に使われている血液検査(腫瘍マーカーのCA125というタンパク質を調べる)と腰回りの超音波画像検査について、毎年検査を行った場合に卵巣がんによる死亡率が下がるかどうかを検証。国際的な医学誌『Lancet』で結果を報告しました。対象としたのは、卵巣がんの病歴や家族歴のない閉経後の女性20万人以上。血液検査と必要に応じて超音波検査を毎年受けるグループ、超音波検査のみを毎年受けるグループ、検査を受けないグループに無作為に分け、平均16年追跡して、卵巣がんの発生、検出率、死亡率などを比較しました。
ステージ1と2の検出は増加
こうして判明したのは、血液検査と超音波検査の併用グループも、超音波検査のみのグループも、定期検査なしのグループに比べた死亡率の減少にはつながらなかったということです。
細かく見ると、併用したグループは、定期検査なしのグループに比べて早期(ステージ1と2)卵巣がんを39%多く検出し、後期(ステージ3と4)卵巣がんの検出は10%少ない結果でした。検出された卵巣がんのステージに関して、超音波検査のみのグループは定期検

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました