40代はプチプラコスメではダメ? 「年相応」の化粧品を使うべきでしょうか?  #40代お悩み

最新ダイエット情報
成分や値段、流行りもの…40代、使うコスメはどう選んだらいい?
「身につけるものは年相応のものを」。ファッションに関する話題でよく登場する言葉ですが、コスメではどうでしょう? 確かに歳を重ねると、隠したいものは増えますよね! シミやくすみ、小ジワやたるみ…とてもすべては隠しきれません(笑)。ではそこで、何を使えばいいのか? それは何を使うかという以前に「キレイになりたい」という心を持つことが大切です。
「こうありたい」という気持ちのありようが、毎日のスキンケアやメイクに反映されていきます。気分がのらなければ、気持ちが満たされるような映画を観るとか、素敵な場所に行くとかでもいいですね。そもそも、キレイになることに興味がないのに、高価なファンデーションを買っても意味がありません。年相応のものを使っているからといって、キレイな人になるわけではないのです。まずはこれを前提として、お話していきましょう。
ドラッグストアやバラエティショップで売っているような、いわゆるチープコスメのファンデーションはまず、デパコスなどと比べると美容成分があまり入っておらず、テクスチャーもイマイチ。そうすると、40代の肌のくすみ対策としては不十分。
基礎化粧品に関しては、あらゆる場所で常にお伝えしていますが値段以上に使う量が重要です。これはプチプラでもいいのでローションパックなどをとり入れて、とにかく「たっぷり」使って肌をうるおす! が基本です。「もったいない」は、キレイを遠ざけますよ。その後、美容液や乳液は標準量でOK。
メイクアップに関しては、値段よりも自分の顔を好きになることが、何よりも効果的。リップやアイシャドウなどは、自分に似合うメイクや挑戦してみたいメイクができればプチプラでも特に問題はなさそうです。
何を使うべきか。それは値段の問題ばかりではありません。歳を重ねると社会的なことにもより目

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました