午前8時の温かいスープで心と体を元気に。コロナ時代のストレスを吹き飛ばそう!

最新ダイエット情報
ストレスに対処するのに必要な「Recreation(娯楽、楽しみ)」は3度の食事でまかなおう!
コロナによるパンデミックブルーとストレス対処法について語ってくださったのは、古賀良彦先生(杏林大学名誉教授、医学博士)。
「新型コロナウイルスの感染拡大により、人類は今までに経験のないような不安が長く続く状態に置かれています。確実な対応策もない、先の見えない状況下で、ストレスがたまっていくのです。これをパンデミックブルーと言います。
現在、多くの人にとって、ストレスを生じさせる最大の原因はコロナ問題と言えるでしょう。一方、人にはストレスに抵抗する力があります。自律神経、そしてホルモンの働きがそれです。これらは外からのストレスに抵抗し、無意識に心と体のバランスをとってくれます。
また、もっと積極的にストレスに対処していくためには次の“3つのR”が大切です。
・Rest(休息)
・Relaxation(休養)
・Recreation(娯楽、楽しみ)
『十分に睡眠をとること(Rest)』『心も体もリラックスさせること(Relaxation)』も大事ですが、なかでも注目したいのがリクリエーション。毎日の生活の中で、楽しみを積極的に作っていくことはとても大切です。その楽しみは、食事の中で得ることもできます。
食事のときに、“これは体にいいから食べる”と理屈で考えるだけでなく、食事を心から楽しむことが効果的です。食事は1日3回も楽しめる。香りや食感を楽しみながら、おいしいな、と味わって食事をしているときは、コロナなどのストレッサーの存在を一瞬忘れ去ることができます。できればひとりでなくご家族で、ぜひおしゃべりをしながら食事を楽しんでください」
朝の温かいスープが足先の温度を2℃上げる!?
食事のうちでも朝の温かいスープをおすすめしたいという古賀先生。
「体温が1日の中でいちばん低くなる時間

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました