インスタフォロワー46万人超! mieyさんが教える! スラリまっすぐ脚になれる股関節のねじれ改善エクササイズ

最新ダイエット情報
重心の偏りによって股関節がねじれ、O脚やX脚に
「太さ」さえ解消すれば、お悩みがなくなるというものではないのが「脚」。そう、脚は「ライン」もとても大事ですよね。まっすぐにスラッと伸びた脚は、多くの女性の憧れです。でも、O脚やX脚に悩む人は、「生まれつき」「そういう骨格」だと、あきらめていませんか?
「O脚やX脚の人は、股関節が内向きにねじれてしまっています。このねじれは、生まれつきや骨格の問題ではないことがほとんど。多くの原因は、重心を前側や外側にかけるなど脚の使い方にあります。まずは、内向きのねじれによって張ったお尻と外ももをほぐし、股関節が外側に開きやすい状態をつくりましょう。続いて、外側に開くときに使う筋肉を鍛えます。股関節が正しい状態におさまり、脚のラインも整ってきますよ」(mieyさん)
mieyさん厳選のメニューは次の2つ。内向きのクセを少しずつ解消し、まっすぐ脚をつくっていきましょう!
脚を組んでひざを開き、太ももとお尻をほぐす

床に座り、軽くひざを立てます。両手は体の後ろで床につきます。坐骨のまわりにあるお肉をかきわけ、背骨〜骨盤をまっすぐにします。

ひざを曲げたまま、左脚を右脚に乗せます。胸は張り、左足の外くるぶしが右ひざの少し上あたりに乗るように。左太もも、お尻の左側の伸びを感じながら、ここで10秒キープ。脚を左右入れ替えて、同様に行います。
ひざは外側に開き、すね部分が体と平行になるように。両脚で数字の「4」の字をつくるようにイメージしてみましょう。
“ひざパカ”で、股関節を外側に開く筋肉を鍛える

体の左側を下にして、床に横になります。両ひざは曲げ、腕枕をするように左腕は耳の下に。右手は胸の前で床につけておきます。床に対して腰を垂直に立て、頭、肩、腰、かかとの位置が一直線になるようにイメージしましょう。

鼻から息を吸ってろっ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました