漢方家・櫻井大典先生のオンライン健康相談を実録レポート 肌の乾燥に悩むモニターさんの不調の根本原因とは?

最新ダイエット情報
中医学では日々の体調から食事内容まで詳しくチェック
モニターのHさんは47歳の会社員。仕事が忙しく、夜遅くまで働くことも多いそうです。
オンライン健康相談は、そんなHさんのお悩みを詳しく伺うところからスタートしました。
Hさん「肌の乾燥が年々悪化して困っています。以前は、冬になると乾燥が気になるな~くらいだったのに、ここ数年はボディクリームを塗っても効果がなくて……。特に乾燥が気になるのは、お腹や腰周り、足のすねです。最近は、顔のお肌も乾燥気味で、目の周りがかゆくなることもあります」
櫻井先生「ここ数年で、急に変化したんですね。まずは、お仕事の様子を教えてください。立ちっぱなしとか、座りっぱなしとか、どんな作業が多いですか?」
Hさん「座りっぱなしで、パソコンに向かっていることがほとんどです」
櫻井先生「なるほどなるほど。お仕事は、夜何時くらいまでされていますか?」
Hさん「夜8時くらいまでです」
櫻井先生からの質問はさらに続き、起床時間や就寝時間、すぐに寝付けるか、夢は見るか、寝汗はかくか、寝起きにだるさはないか、などさまざまなことが聞かれます。もちろん、身長・体重、血圧、既往歴、飲んでいる薬やサプリメントはあるかなど、一般の病院と同じような質問もあります。
ほかにも詳しく聞かれたのが、生理の状態について。生理周期、生理の期間、生理痛や生理に伴う不快な症状の有無だけでなく、こんなことも質問されます。
櫻井先生「血のかたまりのようなものは出ますか?」
Hさん「はい、ときどき出ます。でも前は必ず出ていたけれど、そういえば最近は出ないこともあります」
櫻井先生「では、一番多い日の経血の色は、薄い赤、暗めの赤、真っ赤のどれに近いですか?」
Hさん「暗めの赤です」
普段、あまり自分の体に意識を向けていないと、答えにつまってしまいそうな質問が続きます。なぜ婦人科の相談でもないのに、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました