離れて暮らす親にいちばん伝えたい気持ちは? 心にも体にもやさしい“ホットコミュニケーション”3つのコツ

最新ダイエット情報
半数が親の健康を気にかけている! でも連絡は…?
離れて暮らす親と子のコミュニケーションのあり方は人それぞれ。密に連絡をとり合う人もいればそうでない人もいますが、やはり30~40代の子世代が気にしているのは親の健康のようです。
親と異なる都道府県で暮らす30~40代を対象に行われたライフスタイルに関するアンケート*では、「親について気になっていること」(複数回答)についてもっとも多かった回答が「病気や加齢による健康問題」(53.0%)。さらに健康問題について「把握しているけど不安」「把握できていなくて不安」と回答した人がそれぞれ4割に上りました。また、具体的には「食事の栄養バランスが気になる」「血糖値の管理ができているか心配」などの声も。
次に「なかなか親に伝えられていないことは?」(複数回答)との質問には、もっとも多かったのが「感謝の気持ち(ありがとう)」(44.0%)。続いて「健康を願う気持ち(いつまでも元気で)」(42.0%)の順に。一方、「こちらの生活が忙しいとつい連絡をとるのを忘れてしまう」「離れているため電話で話しただけでは、わからないこともありそう」などといったコミュニケーションに対する悩みの声も寄せられました。
気軽に楽しみながら、会話のきっかけをつかもう!
こうした親子間のコミュケーションの現状について、「本来、日常会話は自然に発生するもの。健康への気遣いや感謝の言葉も日常会話のなかでさりげなく伝えられるようになるのがいちばんいいのですが、頻繁に顔を合わせる機会がなかったりすると、何から話せばいいのかわからない、伝えたい気持ちはあっても気恥ずかしくて躊躇してしまうなんてこともあるかもしれませんね」と話すのは、メンタルトレーナー兼マナー講師として活躍する井垣利英(いがきとしえ)先生。
そこで、井垣先生が提案するのが“ホットコミュニケーション”3つのコ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました