朝起きられる体になる! バレエダンサーが教える自律神経を整えるエクササイズ

最新ダイエット情報
手足だけじゃなくて、内臓の冷えに注意して
武田さんによると、人は手足の冷えは気づきやすいものの、内臓の冷えはなかなか気づきにくいそう。じつはこの“内臓の冷え”は、冬に起きがちな“自律神経の乱れ”が原因のひとつになることがあるそうです。ということは、自律神経の乱れを整えれば、内臓の冷えも改善されるということ!
内臓を温める手っ取り早い方法は、「温かい飲みものを飲む」「湯船に浸かって温まる」に加えて、「内臓がおさまっている体幹を中心に鍛えること」。筋肉の働きによって熱を起こし、体全体の血流、代謝をアップさせることは、一時的な冷え改善ではなく長期的な冷え知らずの体作りにつながります。
内臓の冷え改善! 自律神経を整えるエクササイズ ステップ<1>
まずは、体幹の筋肉を起動させるエクササイズです。
<1>両手と両ひざを床につき、首から背中をまっすぐに保ちます。お腹を引き締め、目線は床へ。肩が上がらないように下げておきましょう。
<2>息を吐きながら、お腹をえぐるように引っ込めて骨盤を後傾します。それに伴い、腰~背中も丸まります。このとき目線はお腹に向けて。
<3>背骨と骨盤をゆっくりとまっすぐに戻し、<1>の姿勢に戻ります。
<4>息を吐きながら、骨盤を前傾して背中を反らせます。お尻を突き出すようにして、お腹と胃のあたりが伸びて気持ちよい感覚があるところでキープ。この流れをほどよくくり返します。
シンプルな動きですが、ゆっくりとていねいに行うことで、筋肉強化が効率的に行えますよ。
内臓の冷え改善! 自律神経を整えるエクササイズ ステップ<2>
続いては、腸に刺激を与え、活性化させるエクササイズです。
<1>床に体育座りをします。両ひざを少し伸ばした座り方で、ひざの間隔を少し開きます。両手を体の前に伸ばし、腹筋、背筋を使って背すじを伸ばして座りましょう。
<2>お腹をえぐるように引っ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました