パンやスイーツを毎日食べても体重-13kg! インスタグラマーAYAさんの罪なきダイエットレシピとは?

最新ダイエット情報
高校生の頃、食べないダイエットで摂食障害に
「私はパンや甘いスイーツが大好き。でも、以前はやせるために好きなものを一切食べていませんでした。でも、そのガマンがストレスになって、プツンと糸が切れたように暴食してしまっていたんです」と、AYAさん。
この“食べない”ダイエットの怖さを実感した経験は、10代の頃にさかのぼります。
「15歳のときは、身長159㎝、体重48~50kgの標準体重でしたが、細い友人やモデルさんと自分を比べて体形が気になるようになり、人生ではじめてダイエットをしました。最初にしたのは、夜だけ炭水化物を抜き、サラダがメインでおかずは少しだけ、という食事量を減らすダイエット。体重が落ちても、まだ太っている、もっとやせなきゃ…と、太ることへの異常な恐怖心が生まれて、どんどん食事量が減っていきました」
この頃は、あらゆる食材のカロリーを把握し、食べ物が数字にしか見えていなかったというAYAさん。その後は…
「気づいたら体重が40kgを切っていました。生理が止まり、疲れやすくなって体は立っているのがやっと。でも、家族に心配されないよう元気なふりをしていて。それから体重が36kgまで落ち、体力がなくトイレすら自分で行けなくなって…。母に説得されて病院に行き、拒食症と診断されました」
その後、ご家族の支えで食事が普通に食べられるようになるまで回復したAYAさん。しかし、今度は食欲が暴走して過食するようになり、リバウンドして体重がその後27kg増加しました。
「食べないダイエットで筋肉量が減ってしまった体の状態から一気にリバウンドしたことで、エネルギーを消費しにくい太りやすい体質になってしまったんです。20代になってからも、ダイエットとリバウンドをくり返していました」
好きなものをガマンして暴食する負のループから脱出
その後、AYAさんは結婚をして3人のお子さんを出産。3

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました