【ダイエットチョイス!】30代の人が20代の人と同じ行動で同じ食生活を続けたら、20代と比べて1年間で体重はどうなる?~EICO式ダイエットのコツ(69)~

最新ダイエット情報
30代になって20代と同じように生活を続けていたら、体重はどうなるのでしょうか? 正しいと思うものを選んだら、さっそくEICO式でチェック!
A 1kg減る
B 1kg増える
C 2kg増える
D 3kg増える
 
 
 
今回の選択、グッドチョイスは……?
 
 
Cの「2kg増える」です。
【30代で20代と同じ生活をしていると体重が増える理由】
変わらないように見えて、20代と30代で変わるものがあります。それが基礎代謝です。基礎代謝とは体温維持や呼吸など人が生きていくために最低限必要なエネルギーのことですが、これが減ってしまうのです。具体的な数値でみると、20代女性の平均基礎代謝量は1335.5kcalで、30代は1299.5kcal。30代の人は20代の人に比べて、1日で36kcal代謝の量が減ります。それが1年(365日)積み重なると、13,140kcalにも! つまり、30代になって、20代と同じように食べていたら、この分太ってしまうのです。この余剰分がすべて脂肪になったとして計算すると、脂肪1kgあたり約7,000kcalですから、13,140÷7,000で1.8kg≑約2 kg。これが増える体重となります。
対策としては、基礎代謝を上げること。その際、基礎代謝の高い部位、筋肉(18%)、脳(19%)、肝臓(27%)<スポーツ医科学センター発表>に注目することがポイントです。筋トレなどで筋肉を使うのはもちろんよいのですが、頭を使うことも◎。仕事がルーティーン化している場合などはあまり頭は使わないので、語学や資格の勉強など新しいことを始めるとよいでしょう。私の経験からも意外とやせますよ。また、肝臓の負担を軽くすることも効果的です。お酒を控える、揚げもの、焼きものを減らすとやせやすくなります。
取材・文/野上

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました